不妊治療に漢方薬が使われる理由

不妊治療に漢方薬が使われる理由について

不妊漢方は不妊症に悩まされている方々の不妊治療の方法として近年では注目されています。なぜ不妊症に漢方が用いられているかについてですが、漢方の目的には人体の陰と陽のバランスを整える、というのを目的としています。そして漢方では五臓を陰、六腑を陽を定義づけており、五臓の働きを充分機能させることによって脳機能などを改善させることにつながります。  もう一つ、漢方で重要視されていることには漢方には未病という病気にならないうちに心身共に治していくという概念があり、そのために食養生を行い食養生で定められた五つの苦、甘、辛、鹹、酸という属性と同じく定められた熱、温、平、涼、寒といった五つの食べ方を合わせることにより心身の健康に役立てます。不妊症の方が不妊治療を行う際に不妊漢方を用いることも未病の中に入っています。 また、不妊治療を行う際に漢方を使用することは正しい用法を守っている限りは副作用がないといわれていますので、不妊漢方は不妊治療の方法としては身体に優しい方法といえるのです。 近年では医療現場においても漢方を取り入れた医療教育は用いられてきています。また、医療の際に渡される漢方薬には保険がついており、138処方ほどが現在適用されていますので、金額面でのトラブルについても避けることができます。

 

不妊_Wikipedia

不妊治療で漢方薬を用いる

不妊症を簡単にいうと、避妊をせずに定期的に性交渉をしていて2年以上経過しても妊娠しない状態のことをいいます。昔は不妊症というと、女性側に原因があるものと考えられていましたが、昨今では男性側にも原因があることや原因不明の場合があることがわかってきました。不妊症であるとわかったカップルには不妊治療を始める方々もいます。不妊治療の第一歩は検査から始まります。女性も男性も検査を受け、原因がわかればその原因にあった薬を用いた治療やタイミング療法を医師の指導のもと行います。不妊治療に漢方薬を用いる場合もあり、不妊漢方としてよく使われるものに温経湯・当帰芍薬散などがあります。これらは排卵障害や黄体機能不全に効果があるといわれています。また、不妊漢方は体質改善や妊娠しやすい身体づくりの為に使われることもあり、血液を増やして身体を温めたり血流を良くして生殖器の働きを高める等といった、様々なシーンに合った使い方をすることができます。その効果は徐々にあらわれるので、即効性はあまり期待できませんが不妊漢方薬は、元々自然界にある成分でできているため副作用を気にすることなく服用できるというメリットもあります。不妊治療においては、他の薬と併用して用いられることが多いようです。